今すぐ10万円借りたいあなた!即日で借りられる方法と審査内容を教えます!

今すぐ10万円借りたいならコレだけはやっちゃダメ!NGポイント

今どうしてもお金が必要で、すぐに10万円借りたいという場合、コレは絶対にやってはいけないというNGポイントがあります。
そこで、ここでは今すぐ10万円借りたいというあなたに、下記でNGなことを詳しく紹介していきます。また返済に関するアドバイスも掲載しています。

プロミス

10万円なら20万程度の高額を希望借入れで設定

自分の収入に見合わないような、高額の借り入れもやっちゃダメなNG行為になります。
その理由としては、どんどん借金の返済が苦しくなっていきますし、期限までに返済することが難しいためです。
例えば、あなたが年収300万円だとして、消費者金融でいきなり100万円の借入れをしたとすれば、返済するのが極めて厳しいでしょう。
さらに、借金の返済ができずに滞納してしまえば、信用機関にブラック登録をされ、今後借入れするのが難しくなるというデメリットもあるのです。
そのために、高額の借入れはせず、自分の収入に合う金額を借入れするのが望ましいでしょう。

無理な借り入れは返済にもその後の生活にも影響を及ぼしてしまうため、借り入れは無理のない金額にしましょう

10万円程度を即日なら銀行系カードローンへの申し込みじゃなくキャッシングがはやい

銀行系のカードローンは審査に時間がかかるために、今すぐお金を借りたい方に不向きです。
そして、銀行系カードローンですが、消費者金融系とは違い、「総量規制」の対象にはならないことも理由になります。
消費者金融系カードローンであれば、利用者は年収の3分の1までしか借入れすることができませんが、銀行系カードローンだと総量規制の対象外であるため、高額でも借入れできます。
さらには、銀行では独自の審査基準を採用しているので、消費者金融系カードローンに比べて審査が厳しく、時間もかかってしまうのです。

最短1時間で借入れOK!どんなことをみている?審査内容と重要事項


できるだけ短時間で借入れしたいという場合だと、最短1時間で融資を受けられれば、とても助かりますよね?
そこで、ここでは借入れの際の審査ポイントと、重要項目に関して紹介していきます。

審査内容

消費者金融だと最短1時間で借入れOKですが、審査項目として重要な点は、

・安定した収入があるかどうか
・勤続年数
・これまで滞納歴がないかどうか
・返済能力があるかどうか

などです。
このような点をみられているので、過去に借金の滞納歴があるという方、返済能力がないと思われた場合、審査に落ちて融資を断られることになるでしょう。
在籍確認が行われることもあるので、本当にあなたが働いているかどうか、会社に確認の電話が行くケースも考えられます。
あなたが在籍していることが証明されれば、最短1時間で借入れすることも不可能ではありません。

重要事項

あなたが今すぐ10万円借入れしたいのであれば、過去にブラック扱いを受けていないかどうかも非常に重要になります。
もし、あなたがこれまでに借金を期限までに返済することができず、滞納してしまったことがある場合、それはかなり不利になるでしょう。
信用機関にあなたの滞納歴情報が残ってしまうので、借入れする会社にそのことがわかると、融資を受けられない可能性が大です。
ヤミ金業者や街の小規模な無名の消費者金融であれば、融資を受けられるのですが、そのような業者は違法で利息がとても高く、借金地獄に陥ってしまいます。
ですので、絶対違法業者から借入れしてはいけないですし、借金をする場合は、大手の有名な金融会社でするのが一番ではないでしょうか。

大手金融機関ならシステムも整っているためネットで返済できるところもありますよ

即日借入れに必要な書類


消費者金融で即日借り入れをしたいという場合、必要な書類というものがあります。それは、身分証明書です。これは当然、本人だという確認のために絶対に必要になるので、運転免許証など顔がわかるものが必要なケースが多いです。
50万円以上融資を受けたいというときや、複数の消費者金融から合計100万円以上融資を受ける場合、収入証明書も必要になります。
ですが、あなたが10万円の融資希望であれば、収入証明書が不要なケースがほとんどで、運転免許証があれば問題ありません。
もし、あなたが運転免許証がなく、健康保険証で本人確認をしたいという場合、健康保険証以外に戸籍謄本、住民票記載事項証明書、住民票の写しなどが必要になることもあるでしょう。

あまり高額でなければ運転免許証だけでも借り入れ可能です

プロミス

即日10万円借りられるカードローン5選

即日10万円借入れしたいときに、便利なカードローン5選を紹介していきます。
下記はどこも大手金融機関として有名ですし、安心して融資を受けることができるのが最大のメリットです。

第1位【プロミス】


プロミスも非常に対応がスピーディーで、すぐに融資を受けたいときに便利です。最短1時間で即日融資が可能なので、今すぐ10万円借入れしたいあなたに最適でしょう。
プロミスは初回利用の際、「30日間無利息キャンペーン」を行っているので、そこも大きなメリットとなります。
短期間で返済できる見込みがある場合、プロミスはとてもマッチしているのではないでしょうか。
プロミスはネットだと24時間借入れ受付、電話でも土日祝対応していて、時間は9:00-22:00となっています。
プロミス 公式ページ

第2位【三菱UFJ銀行カードローン】


三菱UFJ銀行カードローンは大手銀行ということもあって、とても安心して借入れすることができるでしょう。
しかも、融資スピードも速いために、すぐに10万円必要な方にピッタリです。
銀行口座を作るついでにカードローン審査も可能なので利便性が高いですし、銀行やコンビニなどのATMでの借入れや返済ができるのも魅力ではないでしょうか。
利用者からの評判も高く、三菱UFJ銀行カードローンなら安心という声も多数あります。
三菱UFJ銀行カードローンは土日祝も借入れ申込みができます。ネットだと24時間、電話申込みだと平日は9:00~20:00、土曜と祝日は10:00~18:00、日曜は10:00~17:00となっています。
三菱UFJ銀行カードローン 公式ページ

 

第3位【モビット】


モビットは最寄の銀行やコンビニ、ネットからだと24時間手軽に利用することができます。
SMBCグループということもあって、かなりの安心感があるのもモビットの特徴になるでしょう。
申込みから利用まですべてWEBで完結できるというのも、モビットを利用するかなりのメリットといえるはずです。
即日で10万円を借りたい場合、モビットも候補になるでしょうし、スマホ1つで簡単に融資が受けられるのは嬉しいでしょう。
モビットはネットだと365日24時間借入れ受付、窓口でも9:00~21:00で土日祝も営業しているので、曜日も気にせずに借入れすることができます。
モビット 公式ページ

第4位【アコム】


CMなどでも有名なアコムも、大手消費者金融として知られています。
アコムの特徴として、借入れする人の数がNo.1という実績と、30日間の金利0円サービスあるという点です。
急な出費で今すぐに10万円が必要になった際、アコムを利用することで、即日融資を受けることができます。
アコムはネットからだと24時間借入れ受付、アコム店舗内のATMも24時間利用可能、自動契約機のむじんくんだと土日祝も利用可能で、むじんくんの営業時間は8:00~22:00となっています。
アコム 公式ページ

第5位【アイフル】


アイフルも、即日融資を受けたいときにとても便利です。最短1時間で借入れできるので、即日10万円を借りたいときに助かります。
そして、無利息期間も30日間ありますし、ネットなら24時間申込みが可能です。
店頭での営業時間は10:00から18:00で平日のみとなっていますが、無人契約ルームなら8:00~22:00で土日祝も営業しているために、とても便利でしょう。
初めて借入れする方でも安心ですし、大手消費者金融が良いという方にもアイフルは合っています。
アイフル 公式ページ

プロミス

返済や借り入れに関する注意点

申込みの際の嘘と記載ミス

当たり前のことですが、借入れをしたくても、銀行や消費者金融に融資の申込みをする際は嘘を書いてはいけません。
審査に落ちたくないという思いから、ついつい嘘を書いてしまうという方も少なくありません。
ですが、それは絶対にNGなことですし、嘘をついたことによって、余計に借入れできなくなる可能性が高いのです。
さらに、記載ミスをしてしまう人もかなりいますが、これもNGです。故意ではないにしても、記載ミス、凡ミスに注意し、正しく書くことが絶対条件になります。

正しく記載いただいた方がスムーズにお取引ができますよ

複数金融機関への同時申し込み

複数の金融機関への同時申し込みもNGです。なぜなら、借金が重なると返済できない可能性が高く、借金のための借金となってしまうことが多いからです。
よくギャンブルをする方が、消費者金融での借金返済のためにまた別の金融機関から借り入れをしますが、これはとてもリスクが高いでしょう。
複数の金融機関に同時に申し込みをすると借金が膨れ上がり、常に借金返済に追われてしまうことになってしまいます。
そして、短期間で複数の金融機関に同時申込みすると、ブラック扱いを受けて借入れできなくなることも考えられるからです。

10万円借りた場合の金利と返済金額をシミュレーション

消費者金融や銀行カードローンで10万円を借りた場合、金利や借入期間によって返済金額が大きく変わります。返済金額によって家計を圧迫する可能性が高いため、お金を借りる前に返済金額のシミュレーションをしておくことが大切です。

それぞれの返済金額をシミュレーションしてみたので、確認していきましょう。

消費者金融で10万円借りる|返済金額をシミュレーション

返済期間 毎月の返済金額 金利 返済総額
1ヶ月 18.0% 101,479円 101,479円
3ヶ月 18.0% 34,338円 103,014円
6ヶ月 18.0% 17,552円 105,312円
8ヶ月 18.0% 13,358円 106,864円
10ヶ月 18.0% 10,843円 108,429円

※残高スライド元利定額返済方式

消費者金融の金利相場は「4.5%~18.0%」なので、上記の表は平均上限金利18.0%で計算しました。毎月の返済金額の最終回は、多少金額に変動があります。

返済期間が長いほど利息も高くなる傾向があります。消費者金融から10万円を3ヶ月完済計画で借りる場合、利息の平均は1回あたり1,005円です。(金利18.0%計算)

銀行カードローンで10万円を借りる|返済金額をシミュレーション

返済期間 金利 毎月の返済金額 返済総額
1ヶ月 14.0% 101,150円 101,150円
3ヶ月 14.0% 34,114円 102,341円
6ヶ月 14.0% 17,353円 104,119円
8ヶ月 14.0% 13,165円 105,316円
10ヶ月 14.0% 10,652円 106,523円

※残高スライド元利定額返済方式

銀行カードローンの金利相場は「3.5%~15.0%」です。平均上限金利14.0%で計算しました。消費者金融の返済金額同様に、月々の返済額の最終回は金額の誤差が生じます。

借入期間が長いほど利息も膨らみ、10万円を10ヶ月間借りると1回あたりの利息は平均652円です。(金利14.0%計算)

10万円借りた1年後をシミュレーション

消費者金融から10万円を1年以上借りた場合、次のような返済シミュレーションです。

返済期間 金利 毎月の返済金額 返済総額
1年(12ヶ月) 18.0% 9,167円 110,011円
1年半(18ヶ月) 18.0% 6,380円 114,841円
2年(24ヶ月) 18.0% 4,992円 119,808円

※残高スライド元利定額返済方式

10万円を6ヶ月後と1年間借りた利息の差は「4,699円」です。利息が高い低いは、生活状況によって大きく異なります。もし家計に少しでもゆとりがあるのなら、早めに返済した方が、次にまた別の消費者金融から10万円を借りるときの申込みがスムーズです。

一方、銀行から10万円を1年以上借りると、次のような返済シミュレーションになります。

返済期間 金利 毎月の返済金額 返済総額
1年(12ヶ月) 14.0% 8,978円 107,739円
1年半(18ヶ月) 14.0% 6,191円 111,437円
2年(24ヶ月) 14.0% 4,801円 115,219円

※残高スライド元利定額返済方式

10万円を6ヶ月後と1年後に返済する利息の差は「3,620円」です。消費者金融よりも返済額が抑えられるとはいえ、返済期間が長引くほど返済総額が大きくなります。

専業主婦が10万円借りることは可能?

2010年6月に総量規制が施行されてから、専業主婦がお金を借りるのが難しくなりました。しかし、総量規制には「配偶者貸付」という例外により、収入のない専業主婦でも10万円借りることも可能です。

総量規制の配偶者貸付とは、婚姻関係のある配偶者と合わせた収入も世帯収入にするという例外措置です。ただし、残念ながら貸金業者のデメリットが大きいため、実際に専業主婦が10万円を借りられるのは銀行カードローンしか現在は利用できません。

逆にいうと、消費者金融の金利は銀行カードローンに比べ高いため、専業主婦が10万円を借りる場合、メリットが大きいといえます。

専業主婦が10万円借りるときは申込者と配偶者を審査する

専業主婦が10万円をカードローンで借りる場合、申込者本人だけではなく配偶者である夫も審査対象になる可能性が高いです。

総量規制の配偶者貸付により、専業主婦がお金を借りる際は世帯年収を確認するため、借入れ希望額が高いと審査通過は難しいでしょう。一般的に専業主婦の借入額は10万~30万円とされることが多いため、10万円借りるなら世帯年収が極端に低くない限り融資可能といえます。

10万円借りることが可能不安な人は、夫のカードローン申込みや返済状況の確認、銀行カードローンの事前審査を受けてみてはいかがでしょうか。

専業主婦は10万円を今すぐ借りることも可能!

急に10万円必要になったときは、専業主婦でもカードローンの選び方によって今すぐ借りることも可能です。今すぐお金を借りるなら、次のポイントをクリアしたカードローンを選んでください。

・収入証明書不要のカードローン
・口座開設している銀行カードローン

カードローンの申込みは、提出書類など確認して契約完了するため、提出書類が多いほど審査に時間がかかってしまうのです。とくに、収入証明書(夫の給与明細書や所得証明書など)は確認に時間が必要なため、審査時間短縮のために必要最低限で申し込みするのがポイントです。

収入証明書はカードローンの申込みで必要といわれていますが、10万円など少額融資なら提出不要で契約できるところもあります。専業主婦がお金を借りる場合、夫の所得証明書を準備するのも大変なので、申込みがスピーディーなカードローンを選ぶと借入れまで早いです。

また、専業主婦が10万円借りるなら、口座開設している銀行のカードローンを選ぶと今すぐ借りることも可能です。即日融資に対応している銀行カードローンが増えていますが「口座開設した人」を限定していることが多く、営業時間外に申し込みすると即日融資はできません。

専業主婦が10万円今すぐ借りるなら、収入証明書の提出不要で口座開設した銀行カードローンを選ぶと利用できます。

専業主婦が10万円借りることを旦那にバレない方法

夫にバレずに10万円借りたいと思う専業主婦が多いです。通常、カードローンを利用すると申込内容の確認や契約書が自宅へ郵送されるため、家族に知られる可能性が高いです。

しかし、専業主婦は次の方法をクリアすることで、夫にバレずに10万円借りられます。

・収入証明書不要のカードローンを選ぶ
・配偶者の同意書不要
・web明細を登録する

在籍確認の電話は申込者本人(専業主婦)の電話へ連絡されるので、旦那の会社に知られることはほとんどありません。

給与明細書などの収入証明書を夫が管理していると、使う理由を問いただしたり探すのに時間がかかったりと、今すぐ借りることは難しいでしょう。また、配偶者の同意書が必要の場合、カードローンを利用することを夫から理解してもらわなければいけません。

誰にもバレずに10万円借りるなら、郵送物など証拠を残さないweb明細などを利用することをおすすめします。

10万円借りると限度額はいくら?上限金額を決めるポイント

消費者金融や銀行カードローンの上限限度額は大きく異なります。消費者金融は限度額50万~800万円、銀行カードローンは限度額200万~1,200万円と大きな差があります。

初めてカードローンを利用する場合、信用などがまだないためスタート時の上限額は10万~30万円が多いでしょう。

10万円借りるときの上限金額はどう決まる?

消費者金融や銀行カードローンから10万円借りるとき、審査結果により上限金額を定められます。限度額は法律(総量規制)や現在や過去のキャッシング状況などで判断されるため、個人差があります。

10万円借りるときの上限金額の決め方を詳しく解説するので、参考にしてください。

総量規制

貸し過ぎ、借り過ぎを防止するため、貸金業法により無担保融資のカードローンなどへ総量規制が導入されました。これにより、貸金業者からお金を借りられる合計額は、年収の3分の1までに制限されます。

10万円だけカードローンから利用する予定の場合、単純計算だと年収30万円以上です。しかし、年収30万円でお金を借りた10万円を返済していくのは現実的に難しいため、上限額が10万円になることは難しいでしょう。

限度額は生活環境も考慮されるケースが高いため、総量規制(年収の3分の1まで)がすべてとは限りません。

属性

消費者金融や銀行カードローンの申込みで、必ず見られるのが属性です。属性とは「職業、勤続年数、雇用形態、住居について(持ち家や居住年数など)、家族構成、現在の借入れ件数など」です。

属性を確認することで「借りた10万円をしっかり返済してくれるか」「10万円を貸しても大丈夫な人か」を判断します。

信用に関する部分になるため、できれば安定した収入で借入0件、共働きなどの人ほど有利です。子育て中で専業主婦の場合、教育費などにお金がかかるためカードローンの限度額は低く設定される可能性が高いです。

信用情報

信用情報機関には、これまでの借入れ申込みや借入れ件数、返済状況などすべて記録されています。消費者金融や銀行カードローンへ申し込むと、業者は信用情報機関へ照会して信用できる人か確認します。

申込時に他社からの借入れ件数を記入する部分で「なし」にしても、信用情報機関へ照会したときに知られてしまうのです。つまり、申込書でウソの申告をすると、信用情報に欠けると判断されてしまうケースがあるため気をつけましょう。

申込時の希望枠

一般的な初回カードローンの利用限度額は、10万円から30万円以内です。申込時の希望枠を100万円など高く設定すると、収入証明書の提出や念入りな審査など必要となるためお金を借りられない可能性があります。

初めてカードローンから10万円借りるなら、申込みの希望枠を低めに設定しておくといいでしょう。

10万円借りるだけでは足りない!限度金額は後から増額可能

初めて10万円借りるときの上限額は低めに設定されるケースが多いのですが、後から限度金額は増額可能です。増額の限度額は総量規制により、年収の3分の1までが基本です。

たとえば、100万円までお金を借りるなら、単純計算で年収300万円以上必要です。

限度額の増額は信用が大切になるため、今すぐにできるとは限りません。借りた10万円をしっかり返済していたり申込時と職業が変わっていなかったりなど、さまざまな審査結果から判断されます。

まずは、10万円借りることが可能か、借入シミュレーションで確認してみてはいかがでしょうか。